美術展覧会レビュー

デトロイト美術館展に行ってきました

上野の森美術館で開催されている「デトロイト美術館展」に行ってきました。会期は、2016年10月7日(金)~2017年1月21日(土)です。 会場は、「印象派」「ポスト印象派」「20世紀のドイツ絵画」「20世紀のフランス絵画」の四つに分かれています。 最初にいっ…

ピエール・アレシンスキー展に行ってきました

渋谷Bunkamuraミュージアムで開催されている「おとろえぬ情熱、走る筆。ピエール・アレシンスキー展」に行ってきました。 国内では、1986年に原美術館がアレシンスキーがメンバーであった「コブラ展」を、個人展は1977年に行われて以来のことで、まさか、ア…

鈴木其一 江戸琳派の旗手 展へ行ってきました

六本木・東京ミッドタウン ガレリア3階のサントリー美術館で開催されている「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展へ行ってきました。開催は、2016.9.10(土)~10.30(日)。休刊日は火曜。開館時間は、10時~18時です。金・土および9.18(日)、9.21(水)、10.9(日…

秋山陽 アルケーの海へ に行ってきました

菊池寛実記念 智美術館で開催されている「秋山陽 アルケーの海へ」展へ行ってきました。期間は、4/2-7/24です。陶芸作品展です。陶芸、といえば、智美、ということで、今回も行ってきたわけですが、正直いって、こんなにぶっ飛んだ展覧会へ足を運んだことは…

ポンピドゥー・センター傑作展 へ行ってきました

上野の東京都美術館で開催されている「ポンピドゥー・センター傑作展」へ行ってきました。期間は6/11-9/22まで。前後期の展示変えはなさそうです。土曜の午後に行きましたが、かなり空いていました。ヴァシリー・カンディンスキーの「30」(1937・油彩、カン…

第6回菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の〈今〉 に行ってきました

菊池寛実記念 智美術館で開催されている「第6回菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の〈今〉」に行ってきました。 www.musee-tomo.or.jp 「菊池ビエンナーレ」は現代陶芸の振興を目的に、2004年から隔年で開催されている公募展で、今回で第6回を迎えます。318点の応…

肉筆浮世絵 美の競艶 展に行ってきました

上野の森美術館で、2015年11月20日(金)~2016年1月17日(日)まで開催されている、「シカゴ・ウェストンコレクション 肉筆浮世絵 美の競艶 浮世絵師が描いた江戸美人100選」と題される展覧会に行ってきました。 恒例により、日本画は展示替えがあるため、12月20…

金澤翔子 書展 へ行ってきました

伊藤忠青山アートスクエアで11/11~12/20まで開催されている「金澤翔子 感謝」と題される展示会に行ってきました。書の展覧会です。入場料は無料です。これは2013年にやはり開催された、彼女の書展の第二弾になります。 2015年を締めくくる展覧会のタイトルを…

スペインの彫刻家 フリオ・ゴンサレス ピカソに鉄彫刻を教えた男 世田谷美術館に行ってきました 

世田谷美術館で開催されているフリオ・ゴンサレスの展覧会に行ってきました。ゴンサレス(1876-1942)は、コンスタンティン・ブランクーシ、アルベルト・ジャコメッティと並び称される、モダンアートの3大彫刻家といってよいくらい後世への影響は大きいんです…

ジョルジュ・ルオー展 内なる光を求めて へ行ってきました

出光美術館で開催されている「ジョルジュ・ルオー展 内なる光を求めて」へ行ってきました。出光といえば、ルオー、或いは、仙厓、という感じなので笑、「もう何回足を運んでいるんだ、いったい、おれは」という感じなんですけど、先日の「ゴーギャンとポン・…

ニキ・ド・サンファル展へ行ってきました

ニキ・ド・サンファル展へ行ってきました。国立新美術館です。会期は2015年の9/18-12/14。休館日が火曜日ですので、ここ要注意です! 通常は18時までですが、金曜は20時まで開館しています。もうすぐ閉館なので、是非足を運んでみてください。女性の方は特に…

金銀の系譜 -宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界- へ行ってきました。

青嘉堂文庫美術館で開催されている「金銀の系譜 -宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界」と題された展示会へ行ってきました。 青嘉堂文庫はぼくは初めて訪れる美術館で、世田谷区二子玉川駅からバスで15分くらいのところに建っています。さらにバス停から坂道を…

逆境の絵師 久隅守景 サントリー美術館へ行ってきました その2

六本木・東京ミッドタウンのガレリア3Fで開催されている「逆境の絵師 久隅守景 親しきものへのまなざし」展へ行ってきました。訪問は、これで二度目です。なかなか守景の個人展ってないですし、展示期間中、細かく分けると、六度の展示替えがあったので、も…

ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展へ行ってきました

パナソニック汐留ミュージアムで開催されている「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展」へ行ってきました。ぼくがゴーギャン展を観るのは初めてです。ただ今回のは個人展ではありません。 どういう趣旨の展覧会かというと、ゴーギャンがパリを離れ、タヒ…

孤高のリアリズム - 戸嶋靖昌の芸術 - スペイン大使館 へ行ってきました

スペイン大使館で開催されている「孤高のリアリズム 戸嶋靖昌の芸術」展へ行ってきました。会期は2015年11/5~28と、非常に短期間で、興味がある方はすぐに駆けつけましょう。月~木は17:30まで開館していますが、金土は15・30で閉館で、さらに日曜は休館です…

ゲルハルト・リヒター「Painting」 ワコウ・ワークス・オブ・アート へ行ってきました

旧東ドイツのケルン出身の現代を代表する世界的アーティスト、ゲルハルト・リヒター(1932―)の「Painting」と名付けられた展示会に行ってきました。 確かちょうど10年前に、両方とも2005年だったと思います、国内では金沢21世紀美術館と千葉の川村記念美術館…

浮世絵から写真へ ―視覚の文明開化 へ行ってきました

両国の江戸東京博物館で開催されている特別展「浮世絵から写真へ ―視覚の文明開化」へ行ってきました。 江戸東京博物館は「江戸期」の様々な美術品や歴史資料を所蔵し展覧する博物館です。今回は幕末期に渡来した「写真」という、当時の最新型技術のファクタ…

春画展 永青文庫 へ行ってきました。

東京都文京区目白台の永青文庫で開催されている、「春画展」に行ってきました。なにかと話題のこの展覧会ですが、ぼくが足を運んだのは11/11、会期としては「後期③」にあたる展示期間で、平日の18時頃でしたが、けっこうなお客さんで賑わっていました。 でも…

夢つむぐ人 藤平伸の世界 菊池寛実記念 智美術館に行ってきました その2

港区の菊池寛実記念 智美術館で現在開催されている「夢つむぐ人 藤平伸の世界」に行ってきました。今回で、二度目ということになります。4回展示変えがあるため、今回は10/15~11/10の第3会期にあたります。 www.musee-tomo.or.jp とはいったものの、リスト…

逆境の絵師 久隅守景 サントリー美術館へ行ってきました その1

六本木・東京ミッドタウン・ガレリア3Fで、10月10日(土)~11月29(日)まで開催されている、「逆境の絵師 久隅守景 親しきものへのまなざし」の展覧会へ行ってきました。 久隅守景は江戸時代を代表する絵師のひとりです。国宝に指定されている、この作品を知っ…

モネ展 マルモッタン・モネ美術館所蔵 「印象、日の出」から「睡蓮」まで を観てきました

上野の東京都美術館で、9/19(土)~12/13(日)まで開催されている、マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで、に足を運んできました。 「印象、日の出」が21年ぶりにやってくる、が謳い文句の展覧会なのですが、これはかなり出…

アルフレッド・シスレー展 に行ってきました

練馬区立美術館開館30周年記念 アルフレッド・シスレー展 ―印象派、空と水辺の風景画家― に行ってきました。会期は9/20(日)~11/5(日)までです。 練馬区立美術館:練馬区公式ホームページ 練馬区立美術館は、練馬区がコレクションし開催している区立の美術館…

夢つむぐ人 藤平伸の世界 菊池寛実記念 智美術館に行ってきました その1

東京港区にある菊池寛実記念 智美術館で現在開催されている「夢つむぐ人 藤平伸の世界」に行ってきました。(8/8~9/13の第一会期です。) 藤平伸は、日本美術にあまり興味ない方はご存知ないかもしれませんが、現代を代表する陶芸家です。惜しくも、2012年に…

風景画の誕生 Bunkamuraザ・ミュージアム に行ってきました

渋谷・東急本店横のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生」展覧会に行ってきました。 「風景画」のみに着目した、一風変わった展覧会です。風景画の起源は17世紀のオランダを中心とする文化圏にあるといわれま…

もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20’s Paris に行ってきました

西新宿にある東郷青児記念・損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20’s Paris」に行ってきました。 「最後の印象派」とのことなんですけど。出品予定の作家を見ると、カリエール、アマン=ジャン、ル・シダネル……

琳派と秋の彩り 山種美術館へ行ってきました

東京広尾の山種美術館で開催されている「特別展 琳派400年記念 琳派と秋の彩り」に行ってきました。 琳派は桃山時代後期から江戸時代にかけて活躍した俵屋宗達と本阿弥光悦を祖とした、極めて日本独特な美術のひとつの流派です。ふたりの後に尾形光琳、乾山…

躍動と回帰 ― 桃山の美術 出光美術館へ行ってきました

東京丸の内の出光美術館で開催されている「日本の美・発見Ⅹ 躍動と回帰 桃山の美術」に行ってきました。個人的に出光はもう何十回も通っている美術館なので、「また観たものばかりかな」と思ってあまり期待せずに行ったんですが、これは企画内容それ自体が素…

画鬼・暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル<後期> 展へ行ってきました。

三菱一号館美術館で開催されている「河鍋暁斎」展の第二弾、つまり「後期」のレビューです。開催期間は、8/4~9/6までになります。 画鬼暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル|三菱一号館美術 「前期」6/27~8/2のレビューはこちらにあります。 画鬼・暁斎…

絵の音を聴く 根津美術館に行ってきました。

南青山の根津美術館で開催されている「コレクション展 絵の音を聴く ―雨と風、鳥のさえずり、人の声―」に行ってきました。同時開催で、「仏教美術の魅力」「古代中国の青銅器」「福島静子のコレクション」「清秋を楽しむ」も同会場で楽しむことができます。…

うらめしや~、冥途のみやげ展 へ行ってきました

東京藝術大学大学美術館の地下2階展示室で開催されている「うらめしや~冥途のみやげ展」――全生庵・三遊亭圓朝 幽霊がコレクションを中心に――へ行ってきました。 明治の噺家三遊亭圓朝(1839~1900)の菩提寺である「全生庵」には、彼が所蔵していたとされる幽…

エリック・サティとその時代展 へ行ってきました。

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「異端の作家 エリック・サティとその時代展」―ERIK SATIE ET SON TEMPS―に行ってきました。 エリック・サティ(1866-1925)って、皆名前くらいは知っていると思うんですけど、近代音楽と現代音楽の間にまたがる…

No Museum, No Life?―これからの美術館事典 に行ってきました。

東京国立近代美術館で開催されている「No Museum, No Life?―これからの美術館事典 国立美術館コレクションによる展覧会」に行ってきました。 タイトルを聞くと、ちょっと変わった展覧会のように思えますが、内容は、美術館というものに改めて焦点をあてて、…

没後180年 田能村竹田 展に行ってきました。

千代田区丸の内の帝劇ビル9階にある出光美術館で開催されている「田能村竹田」展に行ってきました。 文人画って、聞きなれない人多いかもしれませんけど――実際あまり人気ないですね、土曜に行ったのにガラガラでした涙――、日本では江戸中期から幕末にかけて…

春信一番!写楽二番! フィラデルフィア美術館浮世絵名品展 に行ってきました。

三井記念美術館で開催されている「特別展 錦絵誕生250年 フィラデルフィア美術館浮世絵名品展 春信一番! 写楽二番!」に行ってきました。 みんな大好きな、あの浮世絵です。お客さんもいっぱいでした。 今回は、浮世絵の創世記から、北斎、広重までズラリと…

画鬼・暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル<前期> 展へ行ってきました。

三菱一号館美術館で開催されている「河鍋暁斎」展に行ってきました。日本画の展覧会ではよくあることなのですが、「前期」と「後期」とで展示変えがあって、今回ぼくが訪れたのは前期のほうです。もちろん後期も行く予定です! 画鬼暁斎 幕末明治のスター絵…

ボルドー展 美と陶酔の都へ に行ってきました。

上野の国立西洋美術館で開催されている「ボルドー展 美と陶酔の都へ」へ行ってきました。 ドラクロワのあの大作『ライオン狩り』が観られる、ということで、早々と足を運んだわけですけど、やはりこれが目玉ですね。展示作の中でひとつだけ場違いな存在感を…

ユトリロとヴァラドン 母と子の物語 展に行ってきました。

パリ・モンマルトルの風景を描いた、「エコール・ド・パリ」のひとりであるモーリス・ユトリロと、その母であるスュザンス・ヴァラド ンの作品を紹介する、新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている展覧会に行ってきました。ユトリロは多くの人が名…

絵画保存修復家 岩井希久子とわたしたち を訪れて。

新宿のB GALLERY(BEAMS JAPAN 6F)で開催されている「絵画保存修復家 岩井希久子と私たち」に足を運びました。新宿は雨があがって、肌寒いくらいでしたが、気持ちのよい夕方の風が吹いていました。本来はもう展覧は終わっていたのですが、延期となったことで…

着想のマエストロ乾山見参! 展に行ってきました。

六本木・東京ミッドタウン ガレリア3階にある「サントリー美術館」で開催されている「尾形乾山展」に行ってきました。 尾形乾山(1663~1743)という人は、江戸時代前期を代表する工芸家です。琳派の絵師を代表するひとりである、あの尾形光琳の弟です。兄弟揃…

サイ・トゥオンブリー 紙の作品、50年の軌跡 展へ行ってきました。

サイ・トゥオンブリーは20世紀~21世紀を代表する抽象絵画/現代アーティストの巨匠のひとりです。ぼくは2点ほどしか彼の作品をこれまで見たことがなくて、実はそんな興味が惹かれる画家じゃなかったんです。 でも行ってみて、本当に驚きました。こんなに打ち…

ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし 展に行ってきました。

東京藝術大学大学美術館で開催されているヘレン・シャルフベック展に行ってきました。 初の回顧展ということだったんですが、実際恥ずかしながら、ぼくは彼女の名前を知りませんでした。フィンランドではとても有名な画家のようです。 3歳のときに事故に遭い…

シンプルなかたち展に行ってきました。

六本木ヒルズの森美術館で開催されている「シンプルなかたち展 ―美はどこからくるのか」に行ってきました。 リニューアルオープン記念ということで、いぜんのオープン記念のときみたいに期待に胸を膨らませて向かったのですが、はっきりいって、いくらかの美…

マグリット展に行きました。

もう先月なんですけど、六本木の国立新美術館で開催されている「マグリット展」に行ってきたので、レポートしておきます。 はっきりいって、すごくよかったです。 僕はルネ・マグリットの絵自体があまり好きじゃなかったんだけれど、六本木がアート祭みたい…