うらめしや~、冥途のみやげ展 へ行ってきました

東京藝術大学大学美術館の地下2階展示室で開催されている「うらめしや~冥途のみやげ展」――全生庵・三遊亭圓朝 幽霊がコレクションを中心に――へ行ってきました。

明治の噺家三遊亭圓朝(1839~1900)の菩提寺である「全生庵」には、彼が所蔵していたとされる幽霊画50幅があり、それを中心に、さらに彼と交遊の深かった絵師たちの作品、さらに怪談話を題材にした浮世絵、名匠たちによる幽霊を描いた肉筆画が展示された展覧会です。

三遊亭圓朝とは怪談噺を十八番とした噺家で、「百物語」(百回怪談噺をすると、次は現実に恐ろしいことが起る)を信じており、百の幽霊画をコレクションするとなにかが起るのだと、本当に夢見ていたそうです。

f:id:mannequinboy:20150730203542j:plain

「うらめしや〜、冥途のみやげ」展 ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―

展示は四つに分れています。

Ⅰ「圓朝と怪談」では、近代日本画の巨匠である鏑木清方の代表作のひとつ、圓朝を描いた「三遊亭円朝像」がまず目を引きます。とても清方らしい傑作です。さらに圓朝にまつわる品々、彼の所持品であった「湯呑」「籠入り吸子」「パイプ」なども展示されています。清方は圓朝と交遊があった戯作者の篠野菜菊が父であり、それで圓朝と縁が深いわけです。

Ⅱ「圓朝コレクション」では、錚々たる江戸から明治にかけての天才絵師たちによる肉筆画の名画が並んでいます。「枕元の幽霊」中村芳中、「幽霊図」河鍋暁斎、「幽霊図」飯島光我、「蚊帳の前の幽霊」鰭崎英朋などが、個人的にはよかったです。もちろんすべて幽霊画であります。

Ⅲ「錦絵による<うらみ>の系譜」では、怪談噺をモチーフに描いた浮世絵師たちによる作品が展示されていて、「怪談牡丹燈篭」「東海道四谷怪談」「小幡平次」「東山桜荘子」「皿屋敷」などがそれですが、歌川国芳の「摂州大物浦平家ノ怨霊顕るゝ図」や、落合芳幾の「今様擬源氏 三十九 吉田の花子」、月岡芳年の「偐柴田舎源氏」「和漢百物語 清姫」「平錐茂戸隠山鬼女退治之図」などがよかったと思います。

月岡芳年(1839・天保10年 – 1892・明治25 年)は、江戸の終わりから明治にかけて活躍した浮世絵師で、国芳の弟子ですが、ぼくはとてもこの人の絵が好きで、やはり師匠と似て細かな筆遣いをする人なんですけど、それが神経症的過ぎるほど感覚が鋭敏で、同じ幽霊画を描いても国芳はユニークでどこか人情味があるのに対し、芳年は色彩感覚が鮮烈で、凄惨さにかけては、異様なリアリティーを持っていると、今回も驚嘆せずにはいられませんでした。

f:id:mannequinboy:20150730203658j:plain

歌川国芳 「摂州大物浦平家ノ怨霊顕るゝ図」 江戸時代(18-19世紀)

f:id:mannequinboy:20150730203843j:plain

月岡芳年 「偐柴田舎源氏」 (1884・明治17年)

Ⅳ「<うらみ>が美に変わるとき」はクライマックスですが、掛け軸の肉筆画は豪華絢爛の巨匠たちによる傑作揃いです。円山応挙河鍋暁斎はやっぱりなにを描かせても上手いんだなー、とぼくは再確認しました笑

とりわけ応挙の一作品「幽霊図」。ひとりの女性が描かれているんですが、足元に秋草と墨染桜の花びらが儚げに落ちており、描き方が墨の線ではなく、胡半分のぼかしで白装束が浮き立っていて、美しい絵です。曽我蕭白の「柳下鬼女図屏風」も、いかにも蕭白らしい豪快な筆さばきで、応挙の弟子の長澤芦雪の「幽魂の図」も、みどころのある作品です。

ぼくが今回の展示品で最も衝撃を覚えたのは、さきほど触れた月岡芳年の一作品です。「幽霊之図 うぶめ」という肉筆画です。これ、本当にすごかったです。血に染まった腰巻きをしたひとりの女性の後ろ姿が描かれたものですが、様子から彼女がまだ幼い年の子供を産んだばかりのときに死んでしまったことがわかります。彼女が胸に抱いた赤ん坊の手足だけが少しだけ見えており、これだけ色艶がよく、背景は墨の灰一色で、なんともいえない「怨念」を感じる恐ろしい絵なんですが、ひたすら美しい。

※               ※

「四ツ谷怪談」を披露する一龍斎貞水による口演も、会場では映像で流れていました。今回のこの「冥途のみやげ展」は、上村松園の「焔」がひとつの目玉作品といってよく(チラシの絵です)、これは9/1~9/13までと、期間が限られていますので、松園を観たい方の場合、それに合わせていくのをお勧めします。

夏といえば、日本では「怪談話」が恒例です。この季節にぴったりの展覧会です。館内にはおどろおどろしいバックミュージックが静かに流れていました笑 なおナイトミュージアムとして8/11(火)、21(金)は午後7時まで開館している模様です。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。