新しいサイトに移動します。

 新しいサイトを立ち上げました。この「白玉ぜんざい日記」とは性格が異なって、主にビジネスや経営について書いています。ライティング業務においては、ジャンルは関係ないですから、結局経営全体を学ばないことには読者や顧客の心をつかむことはできないので、結果的に経営についても知識が増えていった、という感じで、そのことを今のところはつらつらと書いている感じですね。

 ぼくの主戦場はライティングですけど、あくまでそれは戦術であって、大切なのは「テーマ」なんですよね。これは小説とか、映画とか、すべてのソフトに通じるものです。経営は、商品-セールス-販売、がルートですけれど、そのセールスにあたるのがライティング(マーケティング)だとしたら、あとはどういう商品を選び、どのようにクロージングするか、です。ほかにもいろいろ手を出していますけれど、やってみたいことはべっこにもたくさんありますので、ただ、培ったスキルはあますところなく書いていこうかな、と思ってます。何れはメルマガを配信して、もっと濃い情報を発信していきたいと思っています。

 このブログに書いてあるような美術や小説や漫画や映画の記事も書きますので、興味のある方は、ひきつづき是非お気軽に御立ちより下さい。かなり長い「車谷長吉論」を、すでにひとつ書きました。

 

http://mannequinboy.com

 

 上のURLでトップページに飛んでください。「ビジネスしてみる?」が仮タイトルです。そのうちに変えます。

 購読して下さる方は、RSSリーダーでフォローしていただくか、SNSでもお知らせがいくと思います。いちばん正確なのは、メルアドを記入していただけることで、更新したときにメールが届きますので、よろしくお願いします。

 理想はぼくのサイトを通して、読者がビジネスのステップになれればいいな、ということですね。自身でもいろいろ実験していますので、それらの経験談も書いて、サイトを構築していきたいと思っています。まだ今はただ記事を羅列した状態なので。

 ちなみに以前落ちたGoogle AdSenseは無事審査を通過しました! 二次審査まであって、かなり厳しい、二週間くらいかかる、といわれていたんですけど、まさか、とメールのフォルダを開いてみたら、おめでとうございます! と合格通知が早々来ていました。申請してからわずか2時間足らずのあいだ。早過ぎね? 今回はインドからGoogle先生は来日しました笑 PV数も、記事数もぜんぜん足りてないし、皆いってることデタラメだな。しっかりした記事を書けば通りますよ。

 なので、このブログ「白玉ぜんざい日記」は、今回の記事をもって最終回(たぶん)となります。ただ、全記事移動に1か月~2か月くらいはかかるので、しばらくは放置状態になると思います。このブログ、三年前の6/14に最初の記事を書いたんですよね。ちょうど三年運営したことになります。その前はLivedoorブログをやっていました。

 それと、もうひとつの話題。実は今書いたその経営的なこととも通じるものなのですが、ぼくはこのブログにいくつかの広告を貼っているんですけど、読者の方がほとんど足を踏んでいません。

 これは読者の方が知っているけど、ほかでやっているのか、知らないのか、いかがわしいことだと思っているのか、どれかかなと思いますけど、「自己アフィリエイト」というものを、読者の方はご存知でしょうか。

 たとえばネットは検索したり、YouTubeを見たりするだけで、ショッピングはまったくしない、という人は構わないと思うんです。でも、価格ドットコム、とか、Amazonとか、それらを利用してネットでものを買わない人って、今いないでしょ?

 とにかく今楽天が熱いですよ。アフィリエイトを使って商品購入すると、ポイントがもらえたり、キャッシュバックがある商品もたくさんあるので、是非使って欲しいんですよね。

 たとえば、ぼくはFXの広告を当ブログのサイドバナーに貼ってありますが、ぼくは-20円で15000円稼いだ、と書いていますけれど、これは本当にFXによって稼いだ正しい金額ではなく、DMMのFXで1lotの取引(なので、10円から100円くらいです)をすれば、キャンペーンということで、DMMが15000円をくれるんです。手間暇なんて、10分くらいですよ。免許証とマイナンバーが必要ですけどね。でもアップロードで済ませられますから。

 これはビジネス的考えなんですが、相手がお金をやる、といって躊躇なくもらえる人がビジネスマンで、もらえない人はそうでない、という定義があります。もちろん個人の自由だと思うのですが、ぼくはもらってほしいと思うんですよ。なぜやらないのか不思議なんです。プライバシーに関して不安があるのもわかるんですけど、もうLINEとかやってる時点で皆OUTです。Googleはさすがで、絶対にプライバシーは漏洩されたくない、という方は、Google以外の機能をネットで使用しないしか、方法はありません。海外からの観光客の方は、これに非常に敏感で、携帯使用しますからね、日本の政府なのか、民間なのか、とにかく対策してほしいと思ってますが、しょうがないでしょう。

 とにかくインターネットの普及で、さらにこれだけ膨大化しているアフィリエイトの市場(年に10%ずつ伸びています、こんな急成長の市場はただごとじゃないです)に参加せずに今の時代ネットを使用していると、いわゆる情報強者/情報弱者において圧倒的な差をつけられていきます。

 捨てメールを用意して、登録をするだけ、後は放ったらかしで、一年で数千円稼げてしまう媒体もあります。関係ないよ、というお金に困っていないかたはいいんです。ただ経営を学んで、さらに実践もしているぼくのような人間としては、是非いろいろググってみて、お得なサービスが本当に盛りだくさんにあるのでやってほしいな、と思います。とりわけクレジットカードはかなりキャッシュポイントが高いので、10万近くくれるところもありますので。使ったほうがいいでしょ?

 あと、小説に関して、書いておきたいです。ぼくは作家とは名ばかりで、ここ5年間ただ一篇の短篇を書いただけです。懇意にさせていただいている編集者の方は、以前幻冬舎見城徹氏といっしょに働かれていた方で、「プロットならいつでも見るから持ってこい」といってくださっていて、「小説を書くのをやめるな」ともいってくださってるんですが、最近は連絡とってないですね。編集長まで勤められた方が、年賀状くれるとか、有りえないですよ。間近で会うと、本音ぶちまけてくるし、怖いですけどね笑 でも、作家を貶めるようなことは絶対にしないです。小説はどうしようかな、と思っています。

 その方のためにも一矢報いたいな、とも思うんですけど、どんどん小説からは心が離れていってしまっています。とにかく今、本が売れないんですよね。ビジネスの視点から見ると、この産業に関わる自体で、ぼくは「死に体」になってしまうんですよ。だから経済を活性化するためにも、皆さんお金を使ったり、ものを買ったり、お金を使わなくてもいいので、とにかくサービスをどんどん利用して欲しいという気持ちがあります。

 もともと書いているより、ぼくは本を読んでるほうが好きですしね。最近は夏目漱石の『三四郎』を読み返しました。これはかなり人物造形が構造的に書かれた作品で、ある意味小説のすべてが書かれてあるお手本だともいってもいいです。やはり漱石らしく、最後も放りっぱなしで、とっちらかった小説ですけどね。

 ということで、皆さんもお元気で。今まで当サイトを訪問してくださってまことにありがとうございました。当分はブログはこのままにしておきますから、はてなユーザーの方のブログはしっかり覗きに行きます。なので、さよなら、ってわけじゃなくて、これからもよろしくお願いします。新しいサイトに来てください。最近少しビールを飲みはじめてしまった。そろそろ夏だ~。

 

三四郎 (新潮文庫)

三四郎 (新潮文庫)