• Pixabay

年収1000万を超えた心理

Pixbay

年収1000万と2000万のあいだ

よくいわれることですが、現在の日本で年収1000万稼いでいる人は、日本人全体の人口の5%ほどです。では2000万以上稼いでいる人は、いったいどのくらいいると思います? 実は1%ほどに、ガクン、と落ちるんです。これは年収1000万以上超えるには、ビジネス的に大きな壁がある、ということとは違って、経営側の心境に問題があります。

起業する際に、月収100万円というのは、とりあえずは誰もが目標とする額です。もちろんそれを目標とするべきだとぼくも思っています。以前、月収100万円を超えるには、という記事を書きました。それ以上を上回るには、模倣ではどうしても無理で、ある種の戦略なり、多角経営なり、つまるところ守破離における、離、が独特に構築されて、なおかつビジネスモデルとして具体的に落とし込めていないと難しいです。

だから、月収を100万円を超えている人は、どういうジャンルの人であろうと、手放しで凄い人だ、と思って間違いないですし、学ぶところはたくさんあることも間違いないです。オンリーワンなんです。

月収100万ある、ということは、年収にすると、1000万あることになりますが、2000万になるにも、また壁があるわけです。これは守破離の法則とは違うもので、具体的にいうと、年収が1000万でも、2000万でも、心の余裕や生活の充実度が対して変わらない、ということが原因です。現在の、たとえば東京や大阪の都市で生活を送っていくとして、年収が1000万あれば、それなりに豊かな生活を送ることができます。

年収が500万と1000万とは大きな隔たりがあります。しかし、1000万以上となると、その隔たりがあまりなくなるのです。日本人は一億総中産階級社会ですから、多少の違いはあっても、似たようなものを食べ、似たようなTVや映画を観て、似たような洋服を着ているんです。金持ちだって、100円ショップを利用しますし、ユニクロを着てますよ。1980年代頃ならまだ違っていましたが、今はそういう時代です。

ビジネスの真理を終始追究する姿勢を忘れない

これも心理学的に言われることなんですが、千万単位ですと、人は自分の魂を譲り渡すことはないといわれます。しかし、億を提示されると、心が揺れます。政治家のスキャンダルはたいてい億を超えた額です。人は年収100万や200万じゃ、とても生活をしていくことはできないレベルなのでなんとかしたいと思います。

しかし、日本人はそれほどお金に執着心は持っていません。十分に余裕のある生活のお金があれば、それでいいんです。それを越える額が欲しい、と言う人は、いわゆる金の亡者ですね。そして普通の人ならば、お金よりも、もっと重要なことに目を奪われていくのが、人間という真理です。これはビジネスの真理にも結びつくものなので、忘れて欲しくない、と思って、今書いています。

お金を超えた大事なもの

ぼくは年収を億越えしている人を知っていますが、彼らをそれほど羨ましいとは思いません。マズローの五段階欲求についても、当サイトで記事に書きましたが、いつまでもお金のみにしがみついているのは、人間としての成長が幼稚なんです。人間には欲望の段階というものがあり、お金はそのための手段にしかすぎません。

お金より大事なものは、なんだと思いますか?

家族? 健康? それもあるでしょう。

端的にいうと、それはブランドです。名誉といってもよいです。人はこの社会に使命感を与えられて生まれ落ちたのです。いくらかの実績を持つ人は、ある年齢に達すると、政治家になろうとする傾向があります。あるいは、ボランティアに勢力を注ぎだす人たちがかなりの数います。彼らを突き動かしているのは、お金よりも強い、自己実現欲求です。具体的には、それは社会的貢献として表れることが多いです。

本物のコンサルタントは、単なるお金を稼ぐ方法論ではなく、いわば社会貢献的な姿勢で、クライアントに接している人が多いです。グラントのギブの精神ですね。これも当サイトで、記事に書きました。そしてここからが本題です。

次のステージに立ちましょう

多くの人が誤解していると思いますし、ぼくはそのためにこういうサイトを作っていたりするわけですけど。お金、というものを、なにか卑しいもの、ととらえるメンタルブロックを多くの人には外して欲しい、とまず思います。お金は人と人を繋ぐコミュニケーションツールなんです。同時に、お金、というものは、政治や文化や社会貢献等、人間の本質的なものに迫る道具として再認識してほしい、と言うことです。

年収を1000万を超えたら、それ以上を稼ごうという気持ちになる必要はない、とぼくも思います。そして、それを達成したら、別のステージへ行くことは、至極当然のことだとも思います。ここでいっていることはブランドについての重要性です。

人には適性がありますし、いくらかお金持ちになったならば、その人はやるべき道があります。いつまでもお金お金といっているのは、馬鹿げています。ぼくから見ると、やはり人間的に価値が低いのだ、と思います。

ブランドを構築できれば、自然と価値意識の高い人が周囲に集まってきます。実はビジネスにおいても単価の高い商売をすることが可能になってきます。労力を減らし、わりのいいビジネスをすることができるようになるのです。そして自分の為すべきことに費やす時間が増え、人生を充実させることができます。

つまるところブランドを構築できれば、1000万円の年収を、億単位にすることも不可能ではないのです。それを同じやり方でやろうとすると、自然と過剰労働になりますし、多角経営なり、無理な商売に手を出したりして、思わぬ落とし穴に入りこみます。

年収が1000万に達したら、次のステージを考えましょう。それはブランドを利用した、ビジネスであり、初めてそこでミッションやビジョンが重要な意味合いを持ってきます。よく、ミッション、ビジョン、といいますが、それは社会との関係や、顧客との関係において、育まれていくものです。つまりお金によって色付けがされていくものなんです。

単に金儲けをしている人には、このミッションやビジョンが明確に見えません。金儲けは悪いことではなくよいことです。同時に、金儲けだけに終始視線を注いでいる姿勢は、お金の価値を貶めているように思えてならないわけです。ビジネスの本質はそこにありますし、お金の本当の価値もそこにあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。