文学一覧

現代私小説の毒虫 車谷長吉の『鹽壺の匙』

私小説作家の車谷長吉の「鹽壺の匙」と「吃りの父が歌った軍歌」は、これまでの私小説の系譜に則りながら、独自の私小説世界を展開しています。車谷長吉が持つ私小説観とはなにか? その二作品を中心に、車谷文学の神髄に迫ります。

NO IMAGE

泥棒日記 ジャン・ジュネ

いわゆる「耽美」とか、「性的倒錯」みたいな言葉に拒否感があって、その手の書物やアートに触れない人って、けっこういるんじゃないかな、と思うんで...

NO IMAGE

掏摸 中村文則

日本の現代文学において、村上春樹さん以降、質人気共に最も充実した作家といえば、きっと中村文則さんでしょう。素晴らしい作品がたくさんありますけ...

スポンサーリンク