伊豆の踊子 川端康成

今回も声を高らかにしていいたいです。日本近代小説の最高峰は川端康成です。なぜ彼が幾多数多の文豪たちを押さえて、日本文学で最高の小...

NO IMAGE

浮雲 二葉亭四迷

あまりにも有名な二葉亭四迷の『浮雲』。これは日本で最初に言文一致で書かれたといわれている作品です。そのような意味合いにおいてだけ...

痴人の愛 谷崎潤一郎

谷崎は時代的にも、その反骨精神的にも志賀直哉なんかと比べられたりするみたいですけれど、僕にとって谷崎は漱石と比べるのが相応しい、...

NO IMAGE

こころ 夏目漱石

夏目漱石の面白い小説はなにか? 前期、中期、後期からひとつずつ代表作をあげるとすれば、『草枕』『それから』『こころ』辺りじゃな...